Please reload

04/07/2016

よくジーンズといえば「児島」という言葉を耳にします。

児島は「ジーンズの聖地・発祥の地」と呼ばれているのですが、対して井原市は「デニムの聖地」と呼ばれています。

 

もともと江戸時代から綿花の栽培が盛んで織物の産地であった井原市は、1680年頃から藍の栽培が始まり、藍染めの厚地織物が作られるようになったといいます。
昭和35年頃からデニム生地の生産が始まり、デニム縫製においても一時期は国内シェア70%以上を誇る時期もあったくらい、「井原市」という名前はあまり有名ではありませんが、デニムについては国内でも一番長い歴史のある土地であり、それが「デニムの聖地」と呼ばれている所以です。

 

 

では「ジーンズの聖地」と呼ばれる児島はなぜそう呼ばれるのか。

それは児島は「ジーンズを国内で最初に作った」とされる、「国内ジーンズ発祥の地」なんです。

昭和39年にあの有名な「BIG JOHN」(当時はマルオ被服)がアメリカからデニム生地50反を輸入し、昭和40年に自社工場で縫製し...

04/03/2016

【出張日記その1】

~岡山の至宝、その道60年の縫製技術~

 

 

Libertadのジーンズは、岡山県の「井原」にある縫製工場で縫製しています。

 

みなさん知っていましたか?

井原市は「デニムの聖地」と呼ばれ、昔からデニム生地の産地として日本では井原市がナンバーワンです。以前は国内のデニム生地の70%をこの井原市で生産していたとか。

生地の産地には当然縫製工場が集まる、ということで、井原市も岡山県ではジーンズの産地として有名な土地なんです。

 

よくデニムは「児島」という話を耳にしますが、実はLibertadのジーンズは児島には無縁なんですよね。というか、僕はアンチ児島なんですよ。(笑)

今でこそメディアの力で「児島」というブランドになっていますが、児島は工場が多いだけで、物作りについては....ごめんなさい、これ以上は語りません。


もちろん、児島には「一流」と呼ばれる工場はありますが、僕の中では「超一流」の工場には出会えませんでした。

 

もうおわかりでしょう?僕がな...

04/02/2016

 

やっと完成しました。

昨年末に企画を始めてから数カ月。

物語は昨年開催した展示会にまで遡ります...

 

京都の太秦で開催していた展示会に、ある一人の女性の方が訪れました。

彼女は展示されているジーンズをゆっくりと見ながら、「素晴らしいですね」と僕に声をかけてくれました。

 

特に彼女が気に入ったジーンズは、僕が「最高傑作」と称するヴィンテージ加工モデル。

僕がそのヴィンテージ加工についてのこだわりと詳しい説明をすると、彼女はとても興味深そうに聞き入っていました。

 

その時、何かを感じた僕は彼女に、「アートか何かをされている方ですか?」と尋ねると、返ってきた答えは「京友禅の絵師をしています」とのこと。

 

色々とお話をしている中で、彼女はアートにとても興味があり鋭い感性を持っていることを感じとった僕は無意識に、「例えばこんなことはできませんか?」と、色んなアイデアを彼女に投げかけていました。

 

彼女は和柄にこだわらず、毛筆を使用した絵付けやペイントなどがとても得意らしく...

Please reload

Please reload

(c)2016 Peacelove All Rights Reserved.