Please reload

08/22/2016

先日、お客様よりいただいた特注ジーンズの制作、打ち合わせの為に出張へ行ってきました。

そして、今回はある新作の開発をしてきましたよ。

名付けて「ノンウォッシュヴィンテージデニム」!!

(モデルネーム未定)

ノンウォッシュのヴィンテージデニム?? なんだそれ??

って思いましたね?

なんと、今回の新作は、ノンウォッシュで水を通さずに、シェービング(擦り)と染めだけで、生から洗わずに穿き続けたデニムを再現するという、前代未聞のヴィンテージ加工なのです。

ノンウォッシュの状態から穿き続け、皺が付いてきて、その部分が次第に色落ちする...そしてさらに洗わず穿き続けるうちに汗や日焼けなどで色が変色し、ヒゲもしっかりと現れてくる...そんな状態をイメージして制作してきました。

 見てください、このリアルなヒゲと立体感。

これは、ノンウォッシュのジーンズを擦っただけの状態です。

そしてここから何度も染めと擦りを繰り返し...

完成。

丸一日かけて、1本...。

写真では伝わりません。

何と...

01/14/2016

僕は365日ジーンズ以外穿きません。

 

何故なら、自らデザインしたジーンズを穿き込んで、その色落ちや穿き心地を誰よりも詳しく知っておく必要があるからです。

そして、自身で穿き込んで色落ちしたジーンズをサンプルにして、新作のヴィンテージ加工する際の参考にしたりします。

 

でも、毎日ジーンズを穿いていて、ふと思ったことがあるんです。それは、

 

「生きてるうちに、あと何本のジーンズを穿き込むことができるのだろう?」

 

という素朴な疑問。

 

ジーンズって真っ青のノンウォッシュの状態から、ある程度色落ちさせるためには、少なくとも1年以上はかかると思います。さらに色を落とそうものなら数年を要するはず。

もちろん、僕の場合は数本を穿き回しているのですが、例えば「10年間」と限定したら、真っ青から穿き込んで一人前に色落ちさせようと思うと、数本のジーンズしか穿き込めないじゃあないか、と。

 

そう考えた僕は、「ヴィンテージ加工したジーンズなんて穿いている暇がねーぜ!」と最近はノンウォ...

Please reload

Please reload

(c)2016 Peacelove All Rights Reserved.