Libertad Official Blog

デニム(ジーンズ)の魅力

【デニム(ジーンズ)の魅力】

学生時代からデニム好きだった僕は、ヴィンテージのリーバイス501など古着が大好きでした。

古着のジーンズには言葉で説明できない雰囲気....魅力があります。

色落ちや雰囲気も全て一点もので、年季が入ったものになるとオーラさえ感じられる、そんなものもありました。

しかし、古着が好きな僕でも一つだけ思っていたことがあります。

それは、「これが新品だったらいいのに」。

ヴィンテージデニムの色落ちと表情は、もはや「アート」。

しかし、服としては中古品なんですよね。

当時に市販されていたユーズド加工したデニムは加工技術が発達していなかったので、何か薄っぺらい、無表情なものが多かったこともあり、僕は「このヴィンテージの雰囲気を持つ新品のジーンズはないものか?」と色々なお店を探しまわったものです。

そんな中、今から15年前に僕はあるデニムに出会いました。

そのデニムは、今や世界でも超有名なスーパーブランドのものですが、当時は国内で知名度はそこまで高くなく、僕も全く知りませんでした。

ただ一目見た瞬間、

「なんて格好いいデニムなんだ!」

と興奮したことを憶えています。

そして店員さんにお願いして試着してみると、それは確信に変わります。

今まで穿いてきたどんなデニムよりも、格段に格好が良かったのです。

「デニムとはこんなに格好良いものか」と、衝撃を受けました。

当時の僕にとってはかなり高額なものでしたが、一目惚れして衝動買いをし、以後10年近く大切に穿き続けることになります。

あえてここではどこのブランドのものかは明かしませんが、そのデニムを穿き続けているうちに、

「こんな格好の良いデニムを作ってみたい」

と思ったことが、今僕が10年以上もジーンズを作り続けているキッカケです。

【デニムの魅力】。

それはもはや魅力というよりは、「魔力」に近いものかもしれません。

僕はある一本のデニムに出会って、夢を与えられ、人生が変わりました。

僕の作るデニムも、穿く人の記憶に残る特別な一本になることを願って、これからもこの仕事を続けていけたらいいなと思います。

それではチャオ!

>ジーンズの価値

>ジーンズを作るということ

◆最近の記事
◆過去の記事を見る
◆キーワードで探す

(c)2016 Peacelove All Rights Reserved.