Libertad Official Blog

【出張日記】ノンウォッシュのヴィンテージデニムを作る!!の巻

先日、お客様よりいただいた特注ジーンズの制作、打ち合わせの為に出張へ行ってきました。

そして、今回はある新作の開発をしてきましたよ。

名付けて「ノンウォッシュヴィンテージデニム」!!

(モデルネーム未定)

ノンウォッシュのヴィンテージデニム?? なんだそれ??

って思いましたね?

なんと、今回の新作は、ノンウォッシュで水を通さずに、シェービング(擦り)と染めだけで、生から洗わずに穿き続けたデニムを再現するという、前代未聞のヴィンテージ加工なのです。

ノンウォッシュの状態から穿き続け、皺が付いてきて、その部分が次第に色落ちする...そしてさらに洗わず穿き続けるうちに汗や日焼けなどで色が変色し、ヒゲもしっかりと現れてくる...そんな状態をイメージして制作してきました。

見てください、このリアルなヒゲと立体感。

これは、ノンウォッシュのジーンズを擦っただけの状態です。

そしてここから何度も染めと擦りを繰り返し...

完成。

丸一日かけて、1本...。

写真では伝わりません。

何とも言えない、色気のあるカラー。

平面なのに立体的に見えるシェービング。

そしてこのデニム、何よりも「ノンウォッシュ」です。

ということは....??

そうです。

ここからさらに穿き込むもよし、ガンガン洗濯して色を落とすもよし。

一度も洗わずに1年以上穿き続けた状態の、ガッツリと型の付いた状態なのです。

実際に穿いてみた感想はというと...

これが加工ジーンズの良い部分なのでしょう、全く中古感がありません。

それでいて、上品さ、色気も感じられるモード感。

そして見る角度によってその表情を変える立体的なヒゲ。

でもノンウォッシュ。

会心の出来栄えです。

写真でこのムードが伝わらないのはとても残念ではありますが...

ちなみにこのモデルのベースに使用しているのは【Tyler】です。

もとよりソフトなセルビッチデニムなので、穿き心地も抜群。

近日中にWEBサイトでも発表、受注開始予定ですので、気になる方は是非とも【Ultimate Vintage Collection】をチェックしてくださいね。

そして、特注ヴィンテージ加工【Customake Order Collection】にてご注文いただいたお客様のオーダーメイドデニムも制作中。

オーダーメイドのものは少しお時間をいただきますが、確実にご満足いただける一本が完成することでしょう。

いい感じに仕上がっています。

それにしても今回の出張は猛暑でした。

なんと連日38度。 汗で服がボトボトになりましたよ

この作業場ってね、エアコンないんですよね。

扇風機のみです。扇風機からは熱風が送られてきます。

でもこの環境で職人さんと一緒に制作をしていると、製品に対してより愛情が沸いてきます。汗と汗の結晶ってやつですね。

でもまあ...次回はもう少し涼しくなってから行くことにします...

それではみなさん、チャオ!

◆最近の記事
◆過去の記事を見る
◆キーワードで探す

(c)2016 Peacelove All Rights Reserved.