Libertad Official Blog

Ultimate Vintage Collection新作"Jeffrey"

みなさんこんにちは!

先日より3月の新作一発目、Ultimate Vintage Collectionから待望の新作"Jeffrey"がリリースとなりました。

「Raw Collection」の定番ブラックジーンズ"Buddy"をベースに、お馴染みリベルタが誇る「神の手」を持つ天才職人がその技術を駆使してヴィンテージ加工を施したこの"Jeffrey"、ダメージなどの派手さはないものの、僕個人的にかなりお気に入りの一本となります。

グレーの加工デニムはなかなか良い表情の物が無いので、元は僕がプライベートで着用するためにと制作したものですが、あまりに格好が良かったので新作としてリリースすることになりました。笑

グレーのデニムをコーディネイトに取り入れるだけで、なんと洒落っ気が出ることでしょう。白黒のモノトーンでのコーディネイトはもちろんのこと、派手なカラーにもバッチリと合ってしまうんです。

ブラックのデニムだと少しハードな印象になってしまいがちでも、ボトムをグレーにするだけで、ワイルドながらとても上品にまとまります。

「神の手」が表現する実際に穿き込んだかのような見事なヒゲやアタリが、単なるグレーというカラーに奥行きと表情を与え、圧倒的な存在感を醸し出しています。

(毎度のことながら本当に写真ではなかなか表現できません。。。)

生地は"Buddy"と同じく13.5ozのブラック✕ブラックのジンバブエセルビッチデニムになるので、風合いもかなりソフトな印象。

嫌みな色ムラもなく、リアルなヴィンテージ感の中にも上品さの感じられる、大人のグレーデニムです。

グレーまで色落ちさせてここまで雰囲気を出すのは本当に難しいと思います。ベースのカラーが明るくなるほどコントラストや立体感を出すのは難しいですからね。

続けてディテール写真をどうぞ。

細かいところまで見ると、ポケット口などに入った小さなダメージにヨコ糸のブラックが現れています。これがまたシックな印象で◎。

そして裾。

やっぱりブラック系なので赤いステッチが映えますね。

裾部分のクッションのアタリから、裾のダメージまで。

Ultimate Vintage Collectionの良い所は、裾上げを行ってからお客様の股下の長さに合わせてヴィンテージ加工を施すので、裾上げによって裾部分のアタリが無くなってしまう心配が無用。股下の長さ、ヒザ裏の位置に至るまで、まさにオーダーメードでピッタリの一本が手に入ります。

ちなみに裾上げを行った後に裾のアタリを再現する為に、裾のみを再加工するサービスをしているところもありますが、取って付けた感が出るのでやはりどこかナチュラルさに欠けてしまいますよね。

春もあっという間に終わってしまうと思うので、僕のこの夏のコーディネイトとしては、グレーデニムに白Tでワイルドでセクシーに、または黄色やピンク、ブルーなどの派手な色を合わせてみたいですね。

春夏だけでなく、秋冬はレザージャケットなどハードなアイテムに合わせても、ブラックとはひと味違う着こなしを楽しめるのではないでしょうか。

また、Ultimate Vintage Collectionではございますが、ダメージなどの別注、カスタムオーダー(別途費用がかかります)も承ります。

一本持っていても絶対に損はしないグレーカラーのデニム。

特別価格でオーダーいただけるのは【2017年5月5日迄】となります。

皆様のオーダーをお待ちしております!!

◆最近の記事
◆過去の記事を見る
◆キーワードで探す

(c)2016 Peacelove All Rights Reserved.