Ikoma-バックポケット.jpg

Story

~Libertadのデニム作り~

Libertad(リベルタ)は国内屈指の技術を誇るクラフトマンを集めて作る純国産ジーンズです。

素材となるデニムは糸の染色方法から組成に至るまで徹底的にこだわり、ヴィンテージの風合いと洗練されたスタイリッシュさを併せ持つ、ベーシックで飽きのこないアイテムを提案しています。

生地

◆厳選した最高級の国産セルビッチデニム

ジーンズの醍醐味である経年変化、色落ちを楽しむ上で欠かせないのが​「セルビッチデニム」と呼ばれるデニム生地。

 

Libertadは、世界でも「最高品質」といわれる岡山県産の最高級セルビッチデニムを厳選して使用しています。

原材料となる綿の産地から、タテ糸とヨコ糸の糸の太さ、そして染め方や染料にまでこだわり、穿き続けた際の色落ちと穿き心地を追求しています。

​◆セルビッチデニムとは?

【セルビッチ】とは、旧式の力織機を使って織られるデニムのことで、生地の両端に「耳」と呼ばれるほつれ止め処理が施され、この部分に赤い糸でラインが入っているものが「赤耳」などと呼ばれています。

旧式の力織機は、調整に職人の技術と経験を要するアナログな機械であり、

このセルビッチデニムを使用したジーンズを穿き込むと、現在の織機とは異なる独特の色落ちやヴィンテージ感が現れる為、ジーンズファンには絶大な人気を誇っています。

しかし生地を織る際の生地巾が狭いので生産効率が悪く、1台の織機で1日に織ることの出来る生地は約40mと生産効率が悪く、量販向けにはあまり使用されません。

縫製

◆その道60年、「ジーンズ縫製の神様」と呼ばれる熟練の職人

Libertadのジーンズは岡山県の「井原市」にて縫製されています。

その井原市にある「岡山の至宝」、関係者からは「ジーンズ縫製の神様」と呼ばれる女性縫製工・生駒悦子さん。

中学校を出てから現在に至るまでその道63年、毎日ミシンを踏み続けてきた熟練の職人である彼女こそ、Libertadのジーンズ達の「お母さん」です。

そんな彼女の厳正な品質管理のもと、「少しでも納得がいかなければほどいてでも縫い直す。」と、一本一本丁寧に縫製されています。

等間隔に真っ直ぐ走る、美しさまで感じることのできるステッチワークで、困難な縫製仕様も難なく縫い上げる熟練の技。

Libertadのジーンズに足を通せば、必ずその丁寧さと彼女の温かさが伝わってきます。

◆「本物」を知り、物作りへの信念を貫く縫製工場

岡山県に限らず、日本国内には数多くのジーンズ縫製工場があります。しかしその中でも、「本当に良い物作り」を続ける工場は年々減り続けています。

Libertadのジーンズを縫製する工場を運営しているのは、若い頃から「本物」の洋服を求め続けて得た感性と、物作りに対して真っ直ぐな信念を持つ、「兄貴」と呼ばれる名物社長。

彼の持つ智慧、ブレることのない物作りへの姿勢と、「神様」と呼ばれる職人の技術、そしてこの縫製工場のみなさんの人情と大きな愛情こそが、Libertadのジーンズのバックボーンになっています。

加工

◆世界最高の加工技術。「神の手」を持つ天才職人

Libertadのジーンズのヴィンテージ加工は、通常の工場で行われる流れ作業ではなく、一人の職人が専属で担当します。

その彼こそ、「世界最高技術者」との呼び声の高い「神の手」を持つ天才職人。

世界のスーパーブランドのデザイナーも絶賛する彼の加工技術は、「次元が違う」と言っても過言ではありません。

そんな彼が自らその技術と感性を詰め込んで1本1本「オーダーメイド」で制作するのが、Libertadのヴィンテージ加工デニム。

彼の手によって表現されるデニムの表情は、「作品」「アート」と呼ぶにもふさわしい逸品。そしてその作品は人が足を通すことで初めて完成します。

多くを語っても伝わりません。

​実際に触れて、穿いていただければ必ず分かるはずです。

◆ヴィンテージ加工への飽くなき追求

Libertadのデザイナーは、15年以上に渡ってデニムのヴィンテージ加工を追求してきました。

擦って色を落とすだけではなく、手作業で何度も何度も擦っては染めることを繰り返しながら、通常の何倍も手間暇をかけて制作される1本のジーンズ。

手間をかければあけるほど、その表情は豊かに、そして奥行きを増していきます。

量産では絶対に表現できない高級感と存在感を持つ、珠玉の一本。

そして現在も​Libertadはより素晴らしいヴィンテージ加工を求めて、職人と一緒に日々研究を続けています。

デザイン

◆機能性と耐久性を兼ね備えた、シンプルでミニマムなデザイン

リベルタは「飽きのこない」シンプルでミニマルなデザインを追及しています。

高級感と上品さを意識して無駄なデザインを全て削ぎ落とし、長期間ご愛用いただけるようにタフさと機能性を追求した作りになっています。

◆穿く人を魅力的に見せる、計算されたシルエット

Libertadのジーンズの定番パターンである「Cigarette」(シガレット)は、デザイナーが「スタイリッシュに穿くことのできるジーンズ」を追求し、10年以上パターン改良を繰り返して完成した5ポケットのスリムテイパードシルエット。

穿く人が「スタイリッシュに」「魅力的に」見えるように、股上やウエスト、ヒップのバランスを黄金比に設定し、膝から裾にかけて緩やかにテイパードさせたこのシルエットは、細身から体格の良い人まで幅広くフィットする黄金のシルエットです。

ヒップをスッキリと見せるポケットの形状と位置、浅すぎず深すぎない股上に細身のレッグラインが足長効果をもたらします。

ジャストサイズでタイトに穿くのはもちろんのこと、大き目を選んで少しゆったり穿いても綺なラインが出るLibertadの自信作です。

Warpaint-Image.jpg

Details

シンプルかつ高級感ある附属パーツ

2021年生産分からリニューアルされたフロントボタンとリベットは、高級感あるダークシルバーカラー。

Warpaint-Button.jpg

革パッチ

新しくなった革パッチはアンティークなサンバーストカラー。

 

中心から縁にかけてグラデーションがかった味のある風合いは一枚一枚手染めによって制作しています。

ベルトを内側に通すことでベルトループを兼用し、存在感を放ちます。

patch.jpg

Silver925のネームプレート

2021年より新しいディテールとして、左脇のベルトループにジーンズのモデル名が刻印されたSilver925製のネームプレートを装着。

京都で活躍する彫刻作家JM氏の手によって一点一点原型から仕上げまで手作業で制作した贅沢な新仕様です。

​各モデル毎に異なる形状のプレートが装着されることで、一見してモデル名がわかるようになりました。

Warpaint-Silver.jpg

チェーンステッチ

裾のチェーンステッチ(環縫い)には、オリジナルは国内にも数台しか現存しないといわれている60年以上前のヴィンテージミシン・【ユニオンスペシャル】を使用しています。

また、ご希望によってオプションで下糸のみ赤色の「レッドチェーン」に変更可能です。

Warpaint-Chainstitch.jpg

ファクトリースタンプ

ポケット裏のスレーキには岡山県井原市の縫製工場謹製のファクトリースタンプが捺印されています。

縫製の神様による厳正な品質管理の証、「WE LOVE THIS JOB」の文字はデニム作りへの情熱とプライドの表れです。

Warpaint-Factorystamp.jpg

汎用性の高いオリジナルシルエット

シルエットはジャストサイズ、オーバーサイズにも対応する汎用性の高いオリジナルシルエット。

​着用イメージに合わせてお選びいただけます。

Warpaint-styling.jpg

(c)2016 Peacelove All Rights Reserved.